Skip to content

引っ越し準備で少しだけ開封を楽にする技

引っ越しは準備から、生活出来るように家の中を整えるまで、かなり長時間に及ぶ作業になります。ぜーんぶお任せパックというのもありますが、やはり高いです。
楽をするならお金がかかる。お金がなければ手間をかけなければなりません。
段ボールの数を少しでも減らせたら、荷造りも、そして開封作業も楽になります。もしかしたら、ちょっと金額も安くなるかもしれません。
さて、一番面倒なのは、食器等の割れやすいものではないでしょうか。そこで我が家は知恵を絞りました。
『食器は手持ちのタオルに挟む』
通常はアミアミになった発泡スチロールか、新聞等でくるみますが、それを開封したあとは、ゴミにださなければなりません。くちゃくちゃになった新聞を平らに伸ばすのもまた一苦労。
ところがタオルは畳めばいいだけです。

引っ越し激安.net

スポーツタオルの端に食器を置き、タオルを折って食器を挟んだら同じサイズの食器を上に重ねて、またタオルを折って、とミルフィーユ状態にしていきます。
段ボールの底にバスタオルを広げておいて、ミルフィーユ状の食器を入れます。段ボールの隙間には、キッチンで使うエプロンや、布巾をつめておけば、段ボールを開けた時に、食器は食器棚に、布巾はキッチンの引き出しにと、同時に作業できるので便利です。
タオルが少ない場合はキッチンペーパーでも良いと思います。
段ボールの数が増えると、作業スペースも少なくなって効率が悪いので、一つの段ボールに無駄なもの(梱包材)を入れない方法、おすすめです。

30